読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サイファ】黒赤青エリーゼ

一番乗りの勲章はいただきだぁ!(挨拶)

多分24枚エリーゼ構築で一番早く結果出したと思います。
違ったらゴメンナサイ。

土日で24枚エリーゼで大会3つ出まして、総合戦績12ー1、大会3つの内2回優勝しました。

調子に乗ってるのでデッキの解説になってるかどうかわからない記事書いておきます。

【黒赤青エリーゼ
白4
4可憐な忍 エリーゼ(主人公)

黒30
4可憐な妹 エリーゼ
4暗夜の妹姫 エリーゼ
4可憐な戦術師 エリーゼ
4暗天の明星 エリーゼ
4暗夜に咲く姫花 エリーゼ
4空飛ぶ暗殺者 ベルカ
4強運の竜騎士 ルッツ
2暗夜の第一王女 カミラ

赤12
4慈愛の聖女 レナ
4光の英雄王 マルス
マムクート・プリンセス チキ

青4
4永遠の幼子 ノノ


・コンセプト
豊富な回避札で耐えてのチキノノ。
元々フル投入で余る程エリーゼが来ることがありますが、さらにマルスやレナで加えようという欲張り構築です。

・強いと思ってる点
回避がほとんどの場合可能なのでエリーゼの出番を打ちやすい、多少のディスアドバンテージなら常にひっくり返すことができる可能性を秘めている。

マルスやレナによるエリーゼ回収で常にエリーゼが存在する手札を構築しやすく、エリーゼが元々多いこともあり、移動からの突然死になりづらい、移動メタを積まないでもよいかもしれない点。

オーブやドローでエリーゼが2枚に1枚に近い確率でくるので長期戦になればなるほどお任せのコストや回避札を握りやすくなる。

安 定 の チ キ ノ ノ

・弱いと思ってる点
当然支援ミスが多発すること、2回に1回は支援失敗するので天馬の攻撃すら通るのはもちろん、天馬や弓兵をエリーゼで撃破しにくい、相手が支援失敗しても攻撃が通りやすい、壁を作らないと30戦闘力のキャラすら恐ろしい。

主戦力がチキノノなので攻勢に出れるのが遅く、エリーゼとチキノノでデッキの大半を占めているのでチキノノが機能するまでの戦線維持が困難。

下級職並べてのウィニーや凱歌互換が受けきれない、特に後攻4ターン目を貰えない程の攻撃的なデッキへの耐性が無い、エリーゼを回収するチャンスはマルスやレナ+1Cの動きと早くても4ターン目なのでそれまで耐える手段が無いのが問題。

重いキャラが若干多くて後衛に多面展開されると処理できない、後衛処理にエリーゼを使わないといけないのでそうすると防御面に問題あり。

大量にディスアドバンテージを負ってしまうと出番の使用を強制されて色事故が起きたり、お任せ+回避札の構えを取れない。

・各種カード解説
可憐な忍エリーゼ
主人公、支援失敗が目立つと言っても相手の先行1ターン目の後衛展開を抑制する効果がある。 ・・・かもしれない。
後はマルスやレナで回収できる以外に書くことは無い。

暗夜の妹姫エリーゼ
可憐な妹エリーゼ
祈りの紋章が稀に役に立つ。
後はマルスやレナで(略

山札シャッフル後の山札でマルスの回収できる確率を上げるために、お任せのコストや回避は上記1C3種を優先的に。

可憐な戦術師エリーゼ
2ターン目の選択肢、過剰にエリーゼを握ってしまった場合や、相手の処理したい主人公以外のキャラを倒したい時にCCする。
相手がウィニーだからってこれにCCして時間稼ごうと考えないように、支援失敗が2分の1で起こるので防御力大差無いです、エリーゼ1枚失っているのでむしろ落ちてる場合も・・・

暗天の明星エリーゼ
メインCC先、このカードのために24枚投入です。
エリーゼの出番に関しては早い段階で打たなくなりました、そもそも退避の2分の1が大抵エリーゼなので肥えてない段階では選択肢が無さすぎる上、出番での回避札がエリーゼ回収するためのマルスやレナ、レナ誘発の1C、チキノノだけのため前の構築程多彩な戦術は取れません。
必要な時に必要なカードだけ回収しましょう。

暗夜に咲く姫花エリーゼ
基本乗りたくないですが、サブのCC先、とは言っても相手の処理したいキャラが2体以上いる場合は繋ぎでCCして処理します。

空飛ぶ暗殺者ベルカ
基本絆、支援、レナ誘発用ですが、戦闘で1体攻撃して倒せないなら効果で相討ちすることでエリーゼへの負担を減らします。

強運の竜騎士ルッツ
ベルカと同じく絆、支援、レナ誘発用。
壁にして次の支援やドローをわずかにコントロールできるので壁として出すならルッツを優先します。

暗夜の第一王女カミラ
これも絆、支援、レナ誘発用ですが、万が一ベルカやルッツが場に居てレナが誘発できないというパターンが困るので散らしました。

慈愛の聖女レナ
誘発札は10枚と少ないですが、エリーゼの出番で誘発を狙ったり、オーブやドローでそこそこ揃うので困らないです。
ノノ以外で後衛触れる貴重な戦力なので必要に応じて必殺もエリーゼの出番で回収もします。

光の英雄王マルス
山札切り直しまではエリーゼは約20%と確率的には信頼できませんが、竜特攻でエリーゼをノーコストで加えられるかもしれないのはオマケとしては破格です。
お任せや回避札を1C優先的にすることで確率は大体33%程度ならコントロールできます。

マムクートプリンセスチキ
安定の主戦力。
とはいえ、竜メタや除去がカードプールに増えたので信頼できるかは環境次第かもしれません。
環境にディアドラや黒アクアが増えるなら枚数調整、最悪外すのも視野になるかもしれません。

永遠の幼子ノノ
安定の主戦力その2。
チキでエリーゼが絆に送られてそれをノノで回収も立派なエリーゼ確保戦術。
竜メタ増えてもこちらも外すかは考え物です、マムクート外し過ぎたら今度は竜メタ入れてないデッキに対して怪しいので。


・最後に
基本的に長期戦になるデッキなので、練習積んで早め早めに判断しましょう、相手のプレイングも遅いとタイムアップになりがちです。
最善手を模索することが最善手とは限りません、3分掛けて考えた100点の一手より15秒で導いた70点の一手の方が最善手になることもあります。
もちろん常に100点を短い時間で導くことが望ましいですが、そこまで完璧を目指してなれるものではないのである程度妥協も必要です。
ですが、タイムアップで悔しい思いをしないためにも常に練習を!

ていうか過去記事とできるだけ被らないように似たデッキの解説って大変(汗)