サイファでキューブドラフト

定期的にキューブドラフトしたいとかほざいているマサキです。

次のいきいきでワンチャンキューブドラフトを企画できるかもしれないので、そのために色々殴り書き。


【キューブドラフトとは?】
キューブドラフト/Cube Draftは、非公式フォーマットの1種。市販のブースターパックやトーナメントパックを用いずに行われるリミテッドである。

まず、「キューブ」と呼ばれる適当に集められたカードの山を準備する。キューブの枚数は、8人でドラフトを行える360枚以上であることが望ましい。次に、このキューブから15枚1組の束を取り出し、この束を使ってドラフトを行う。
キューブの構成は自由であり、各参加者が好きに持ち寄ったカードを集めて作っても構わないし、主催者がバランスを考えて作り上げてもよい。15枚の束も、キューブからランダムに取り出したものでも、主催者が作ったものでもよい。
キューブドラフトの最大の魅力は、通常のドラフトとは全く異なるカード・プールを体験できることにある。すべてのカードが強力でピックに困るようなカード・プールや、色や稀少度が偏ったカード・プールなど、楽しみ方は自由である。多様なエキスパンションのカードが混ざる場合が多いため、普通にプレイしていては遭遇できないような変わったシナジーが見つかるといった面白さもある。
お金が掛からない上にリミテッドの練習になり、1度キューブを作ってしまえば、同じキューブで何度も遊ぶことができることも利点といえる。構築で全く使わないカードをキューブドラフト用に取っておく場合もある。

(MTG wikiから引用しました。)


【ゲームの流れ】
1、席をランダムに決める。

2、各プレイヤーに1つのパックに見立てた15枚1組のカードの束を配る。

3、その束のカードの中から好きなカードを1枚選んでピックし、裏向きで自分の手元に置く。

4、残りのカードを次のプレイヤー(1、3束目は時計回り、2束目は反時計回り)に渡す。

5、3と4を束からカードが無くなるまで繰り返し。

6、2~5を3束分繰り返し。

7、各プレイヤーに45枚のカードがピックされているはずなので、その中から30枚以上のデッキを作成。

【キューブドラフトするにあたってのルールの改変】
・ダミークラスチェンジ先(レベルアップ先)を最大4枚デッキに投入可能

どういうことかと言うと

1、デッキに投入しないカードがあると思うので、その中から最大4枚のカードをスリーブから外して裏面にして入れます。

2、ゲーム外にクラスチェンジ先(レベルアップ先)にしたいカードを1枚ピックしたカードから選んで、裏向きで置きます(オーブエリアの左側辺り)。

3、手順1で用意した裏面のカードは、手順2で用意したカードと同名のカードとして扱います。

というゲームシステムです。

このルールの導入理由は

・キューブを作成する際に色んなカードを他TCGのキューブドラフトみたいに入れたかった。
・でも、サイファの醍醐味である、必殺や回避の駆け引きは少し欲しかった。

・主人公がクラスチェンジできるかどうかのゲームにしづらくしたい。
・片方のプレイヤーだけがクラスチェンジできた為、一方的なゲームになってしまうパターンもできれば避けたい。
・そのためには主人公の枚数はある程度欲しい。

この点から、昔ChaosTCGのドラフトをやった際に考えた《ダミーパートナー》のシステムに近いシステムを考えました。

これにより、主人公のクラスチェンジ事故率は抑えられ、主人公に関しては必殺や回避を考えることができると思います。

このルールに関する補足として、ダミーにしてデッキに入れた裏面のカードはデッキの枚数に数え、ダミーの正体にしたゲーム外のクラスチェンジ先のカードはデッキの枚数に数えません。


【キューブに使うカード等の用意】
俺が用意します。
しかし、キューブに入れたいが持っていないカードがあったり、紛失等のトラブルの被害を少しでもケアするために、一部コピーしたカードを使います、具体的にはR以上のカードが該当します。


【キューブの構成について】
俺が自分だけ内容知っているのも問題なので、キューブが完成次第公開します。

内容をできるだけ早く考えるので、お待ち下さい(。-人-。)

追記
赤青白黒緑紫黄は各50枚ずつ、無色が10枚の予定です。

追記 12月10日(月)
仮決定しました、次の記事にリスト出してます。

質問や意見等ありましたらTwitterに連絡くれると助かります。 

て言うか、やってくれる人いるんだろうか(´-ω-`)